• ベビーシッターを行う際に気を付けること

    ベビーシッターは保育士の資格がなくても行うことができる仕事ですが、ベビーシッター協会が行っている試験やセミナーなどに参加することでより子供の事がわかるようになり、保護者とのトラブルにも対応することができます。ベビーシッターは、依頼された家庭へ直接行く場合と、施設などで預かる場合とがあります。

    家庭へ直接行く場合は保護者との信頼関係がとても大切になり、様々な取り決めも必要となります。



    施設などで預かる場合は、施設内を整える必要があり、事前の準備が必要となります。どの場合も子供の安全を第一に考えなくてはならないので、様々なところに注意を払うことが大切です。


    ベビーシッターは、子供の生活の補助や遊び相手になるだけではありません。


    養育、という意味もあり、子供が悪いことをしたら適切にアドバイスを行うようにします。

    悪いことはきちんと伝えないと、子供は誰の言っていることが正しいのか判断できなくなり、次第に自分勝手に行動をするようになってしまいます。

    しつけの面では、各家庭ごと違うこともあるので、事前にしっかりと話し合っておくと良いでしょう。

    保護者との連絡を密にし、連携をしておくと子供への対応もスムーズにいきます。



    また、急な発熱など病気の時はどのようにしたらよいのかも話し合っておくと安心です。


    近年では、隠れたアレルギーを持っている子供もいるので、日常食べているものなどを聞いておくのも良い方法です。



    危ないものは子供の近くに置かないなど安全面でも配慮が大切です。